結婚指輪・婚約指輪の手作り体験 | ついぶ名古屋工房

TEL 052-508-7556
ご予約
ご予約

ブログ BLOG

鍛造で作る槌目の結婚指輪

槌目の結婚指輪

シンプルな指輪をベースにご自身で金槌を使って模様をいれていただいております。
槌目タイプはナチュラルな雰囲気で当店人気のご結婚指輪となっております。

硬い金槌で模様を入れることで硬くしまった丈夫な指輪になります。
結婚指輪やマリッジリングのワードを調べると鍛造というワードが出てきますが槌目タイプまさに鍛造です。
ついぶではその工程をご自身で体験して制作いただけます。

ご自身で着用なさる指輪だけなく、お相手の指輪を制作していただくことも可能になっております。
交換してご制作されるとお相手の指輪に想いが籠り、指輪により一層愛着が湧きます。

 

槌目とは

槌目は金槌で金属打った時に生まれます。
古くからあるデザインで伝統の技法のひとつです。

金槌の跡の一つ一つは少しの力の差やあたる場所によって変わります。
様々な表情を見せ、それらが集まって模様を作り出します。

キラキラとした槌目が美しい銀製の盃です。
これは京都の金属製の茶道具などを作っている社長の生家の竹影堂さんからお借りしたものです。
このような伝統工芸品は我々ついぶのルーツでもあります。

また似たように模様を削り出して出す場合も槌目模様と呼びますが、
槌目模様の名前の由来である、金槌で生み出す鍛造での槌目模様についてのご紹介させていただいております。

 

金槌について

金槌は物を押し込んだり、潰すときなどに使われます。
DIYやアウトドア、またはお仕事で日常的に使われる方も多いのではないかと思います。

槌目タイプを制作していただく時、もちろんのことですが金槌をお使いいただきます。
指輪に模様を入れる金槌は指輪の表面を美しく飾るために使われるので、
通常のものとは異なり模様を入れるための特別なものを使います。

ついぶは京都で茶道具などの銀製品の加工などもしております。
それらの銀製品に綺麗な模様入れる時に使われる金槌と同じ形のもを指輪作りに使います。
金槌は伝統のものになります。

市販の金槌では美しい模様を作り出すことはできません。
まずはヤスリで削れるように金槌をバーナーで熱し焼きを戻し柔らかくします。
金槌の角を取って全体的に丸みを付けて再びバーナーで熱し焼きを入れて金槌を硬くします。
それからしっかりと丁寧に磨き上げます。

石目型の金槌は角を取った後、硬い石に何度も金槌をぶつけ表面をザラザラにしております。
これも伝統の金槌になっております。

また金槌の表面が綺麗に光ると指輪の槌目も綺麗に光りますので、定期的に磨いて金槌を手入れします。
高速に回転する機械工具などを使うと鉄が熱をもって柔らかくなるので、職人の手によって丁寧に磨かれます。
見た目とは裏腹に大変繊細な道具でもあります。

 

槌目タイプのレパートリー

指輪の形や金鎚を変えたり、表面を特殊な砂でこすったりすると雰囲気が変わります。
お好みの組み合わせで指輪をアレンジしてみてください。
一例になりますがご紹介させていただきます。

(写真の指輪は、10号サイズ、約3㎜幅と約4㎜幅になっております。)

平打ちタイプの槌目型です。
端まで金槌を付けていただくことが出来ます。

甲丸タイプの槌目型です。
端までは金槌の跡を付けていただくことはできませんが、柔らかい印象になります。

平打ちタイプの石目型です。
すでにテクスチャ―の入った指輪は普段お使いの時に、傷が入っても目立ちにくいという利点があります。
お仕事柄、傷が気になる方にはおススメのデザインです。

甲丸タイプの石目型です。
こちらも石目型なので傷が目立ちにくくなっております。
端が丸くなっておりますので柔らかい印象になります。

平打ちタイプの槌目型のマット仕上げになります。
専用の砂で擦っていただくと柔らかな雰囲気に変わります。
きらきらと光るのが槌目型の特徴ですが、きらきら光るのが苦手に感じる方はマット仕上げにするのもおすすめです。
また甲丸タイプでも、石目型でもマット仕上げにすることは可能です。

素材はプラチナやゴールドを選んでいただけ追加で石留めなどの加工などできます。
ギャラリー | ついぶ名古屋工房 (tsuibunagoya.com)
こちらには今までお客様に作っていただいた色々な指輪のお写真があります。
こちらものぞいてみてください。

また、槌目のデザインのご婚約指輪もご制作いただけます。
槌目のセットで重ね付けはいかがでしょうか。

 

槌目の魅力

槌目タイプは作った時の跡がそのまま残ります。
二人で作った時間がしっかりと表面に刻まれますので、指輪の模様そのものが思い出として残ってくれます。
槌目の跡を見るたびに指輪をご制作された時を思い出せます。
指輪だけでなく指輪づくりを体験し、それを思い出として残したい方にはうってつけの指輪です。

細かく優しい感じの槌目、元気な大きな槌目、几帳面に規則性が見える槌目
作った方によって模様は少しずつ変わってまいります。
そこが槌目の味でもあり魅力でもあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
槌目の指輪に興味を持っていただければ幸いです。
是非ご検討のほどよろしくお願いします。