結婚指輪・婚約指輪の手作り体験 | ついぶ名古屋工房

TEL 052-508-7556
ご予約
ご予約

ブログ BLOG

まだ5月だというのに、すでに夏のような日が続いていますね。

こんな調子で季節が進んだら、夏本番は一体どれだけ暑くなるのやら(*_*;

 

さて、今回はお客様によくいただくご質問について説明していきます!

 

「婚約指輪と結婚指輪の違いって?」

 

ついぶ名古屋工房には様々なお客様がご来店くださいます。

指輪に詳しいお客様ももちろんいらっしゃいますが、当店のお客様で案外多数派を占めるのが

「今まで指輪を着けたことが無い」「どの指に、どんな指輪を着けたらいいのか全然わからない」

という指輪ビギナーのお客様。

…よくわかります。

実は私もこの業界に入るまでは指輪をほとんど着けたことがなく、自分の指のサイズも知りませんでした(^^;)

 

そして、そんなお客様からご予約時や体験時によくいただくご質問が

「婚約指輪と結婚指輪って、そもそも何が違うんですか?」

ということ。

「婚約指輪手作りコース」でご予約いただいたお客様でも、詳しいお話を聞いてみたら「作りたいのは婚約指輪ではなく結婚指輪だった!」

なんていうのもよくあることです。

それでは、解説していきましょう!

 

婚約指輪は女性のみ、結婚指輪は男女ともに着けるのが一般的

…とは言ったもののこれはあくまで一般論で、男性が婚約指輪を着けてはいけないという意味では決して無いのであしからず(-_-;)

 

婚約指輪(エンゲージリング)は「婚約する時に男性から女性へと送る指輪」。

プロポーズのアイテムとして用意される男性も多いです。

女性のみが身に着ける理由は紀元前ヨーロッパの売買婚にも関連しますが、

日本ではもともと結納品の一つとして贈られたことも大きな要因です。

 

結婚指輪(マリッジリング)は「結婚の記念に二人で購入し、ペアで着ける指輪」。

結婚式のときに指輪交換の儀式でも使われます。

結婚指輪についてはこちらで詳しく解説しているので、あわせてどうぞ。

 

最近では金銭面や彼女さんのご意向などで婚約指輪を用意しないかたもおられますが、

結婚指輪は今もほとんどのカップルさんが購入(または手作り)されます。

 

婚約指輪は、どんな時に使う指輪なの?

婚約指輪はその名の通り「婚約を交わしてから結婚するまでに着ける指輪」ですが、

婚約期間中だからといってずっと着けっぱなしの必要はありませんし、結婚後に着け続けるのももちろんOKです。

着ける指は左手の薬指。

「婚約」指輪という名前ですが、結婚後も特別なジュエリーとして「ここぞ!」という時に活躍してくれます。

お友達のご結婚式、お子様が成長されたときの入学式、特別な記念日のデート、特に何もないけど気分を上げたいとき、

…などなど使い方は自由自在。

婚約指輪は無くても問題ありませんが、持っていると意外と活躍の場は多いので、迷っておられる方は作っておくほうがいいかもしれませんね( *´艸`)

 

対して、結婚指輪の用途は?

結婚指輪もやはり文字通り「結婚してから着ける指輪」というのが一般的ですが、これも結婚前から着けても特に問題ありません。

こちらも左手の薬指に着けるのが一般的。

結婚してから一生ずっと着けっぱなしの人もいれば、お仕事で毎日着け外しされる人、持っているだけでほとんど着けない人

…などなど使い方は様々で、特に決まりはありません。

既婚者であることが一目でわかるので、結婚したことをわかりやすく証明するアイテムになります。

 

指輪のデザインはどう違う?

これも「こうでなくてはいけない!」という定義はありませんが、一般的に多く選ばれているデザインで比較してみましょう。

百聞は一見にしかず、まずは写真をご覧ください。

婚約指輪は写真左のリングのように、真ん中に大きなダイヤモンドが一粒ついた華やかなデザインのものが多いです。

対して結婚指輪は、右のリングのようにすっきりとした比較的シンプルなものが多いのが特徴です。

結婚指輪は毎日24時間ずっと着けっぱなしのかたも多いので、左のリングのように石が飛び出たデザインは引っかかったりぶつかったりするので不向きなんです。

結婚指輪にダイヤモンドや誕生石を入れる場合は、あまり出っ張らないように金属に穴を開けて石を埋め込むのが一般的です。

 

重ね着けもおススメ!

婚約指輪と結婚指輪は、2本重ねて着けるのもおしゃれでおススメですよ!(*^▽^*)

その際は重ね着けの相性の良い指輪を選ぶのがポイントです。

ストレート同士、ウェーブ同士などぴったり重なるデザインにすると着け心地も見た目も良くなります。

 

ついぶ名古屋工房では婚約指輪と結婚指輪の2本同時製作も可能ですし、

すでにどちらかをご購入済みの場合はそれに合わせたデザインでの結婚指輪(婚約指輪)のご制作も可能です。

※婚約指輪と結婚指輪の同時製作をご希望の場合は、通常よりもお時間がかかる事がございます。ご予約の際には同時製作希望の旨を必ずお知らせください。

 

 

今後もお客様の疑問をどんどん掘り下げていきますので、ご不明な点がございましたら、小さなことでもお気軽にお問い合わせください!(^_-)-☆

ご予約もお待ちしております♪