結婚指輪・婚約指輪の手作り体験 | ついぶ名古屋工房

TEL 052-508-7556
ご予約
ご予約

ブログ BLOG

全国的に梅雨入りし、本格的な雨の季節がやってきましたね☂

今回は、こんな季節にピッタリのお役立ち情報です。

 

指輪のお手入れ方法について

 

湿度が高く、蒸し暑い日本の夏。

特に今現在の梅雨の季節は、じめじめとした日々が毎日のように続きます。

 

こんな季節に気になるのが、金属製品の「錆び」。

よくお客様に「指輪が錆びることはありますか?」とご質問いただきます。

今回はそんな疑問にお答えすると同時に、普段からできる指輪のお手入れ方法についてご紹介いたします!(^_-)-☆

 

プラチナ、ゴールド、シルバー製の指輪は 基本的に錆びない

まず結論から申し上げますと、当店でお作り頂いた指輪が錆びてボロボロになることはまずありません

素材によってはお使い頂くうちに色味が多少変化することはございますが、

ご結婚指輪などで人気のプラチナとホワイトゴールドは変色への耐性が特に強く、全くと言っていいほど変色しません。

イエローゴールドとピンクゴールドは長年使うと色味が少し濃くなることがございますが、ボロボロになる心配はまずありませんし、深みのある色に変化するのでそれも楽しみの一つだと思います。

 

そしてペアリング(結婚指輪や婚約指輪以外のリング)の素材で一番人気のシルバーですが、こちらはお使い頂く状況や体質によって変色することがございます。

しかしシルバーもまた、錆びる心配はまずありません。(火であぶったりしない限りは)

 

身近な金属の「鉄」と混同され錆びるイメージを持たれるかたも時々いらっしゃいますが、

プラチナ、ゴールド、シルバーは鉄とは根本的に性質が違いますので、日常使いの範囲では錆びの心配は不要ですのでご安心下さいませ(*^▽^*)

 

シルバーが変色するのは「錆び」ではない

では、シルバーは錆びるわけではないのになぜ変色するのか?

じつはシルバーが変色するのは「錆び」ではなく、「硫化」という現象によるものなのです。

硫化とは、空気中や汗などにわずかに含まれる硫黄分と銀が反応して色が変わる現象のこと。

ちなみに上の写真は、シルバーの表面を薬品などであえて硫化させた「いぶし」タイプの指輪です。

(シルバー素材限定の加工で当日お持ち帰り可能、費用は +1,000円(税抜)です)

 

錆びと硫化には大きな違いがあります、それは

「錆びは金属の芯の方まで影響を及ぼす」「硫化は金属の表面にだけ膜を張る」

…ということ。

 

ちなみにシルバーは硫黄分の含まれる温泉につけることでも硫黄による「硫化」現象が起こり、変色することがあります。

いぶしと違い、中途半端なあまり綺麗でない色に変色することも多いので、温泉に入られる際は出来るだけシルバーリングは外すようにお願いいたします<(_ _)>

 

自分でできる 指輪のお手入れ方法

 

では、変色してしまった指輪はどうすれば元に戻せるのか?

普段からどんなお手入れをすればいいのか?

一番手軽な方法は、市販されている「金属磨きクロス」で磨くことです。

こちらはついぶ名古屋工房で販売している「シルバーポリッシュクロス」。シルバー以外の素材も磨けます。

 

100均やドラッグストア、量販店などあらゆるお店で手に入りやすく、お手頃価格なこのクロス。

これで金属をキュッキュと磨いたあと乾いた布で乾拭きするだけで、作りたてのような輝きを取り戻すことができるというとっても便利な道具なんです!!

※いぶし加工の場合はいぶしが取れてしまうので、外側は磨かないようご注意ください。

 

ちなみに金槌で模様を付ける「槌目」タイプの指輪を磨く時は、強く磨きすぎると槌目模様が薄くなりますので力を入れすぎないようお気を付け下さい。

槌目や石目などの模様に汚れが入り込んで磨きにくい場合は、液体タイプの金属洗浄剤もあります。

液体にしばらくつけてから洗い流すだけで綺麗になるので、ネックレスチェーンなど細かい部分が磨きにくい製品にも使いやすいですよ(^^)/

ただし輝きが少し弱まることがあるので、その時は磨きクロスでさっと仕上げ磨き&布で乾拭きしてください。

 

お店に磨き直しに出すときの注意点

指輪の傷を取りたいときやしっかり指輪を綺麗にしたいご結婚式の前などには、指輪を作った(購入した)お店に磨き直しに出すのがおススメです。

プロの技で、大きな傷から見えないくらいの小さな傷まで取り除いて、作りたてのような美しさになります☆

 

ただし磨いたり傷を取ったりするということは、それだけ指輪が削られて体積が減っているということ。

一度や二度では大きな影響はありませんが、あまり何度も磨き直しに出すのはおススメできません。

「磨き直し何度でも無料」というお店もありますが、そのたびに少しずつ指輪の厚みが薄くなってしまうことを頭に入れておいてください。

ご結婚式の前や、自分では取れない大きな傷がついてしまったときなど、ここぞという時に出すのがいいですよ(^_-)-☆

 

ちなみについぶ名古屋工房では、1回につき1,500円(税抜)の料金と約一週間のお預かり期間で指輪の磨き直しを承っております。

指輪自体のお値段を抑えるために、あえてアフターサービスは有料とさせて頂いておりますのでご了承くださいませ。

 

普段から変色を防ぐように心がける

汗をかきやすいこれからの季節。

汗に含まれる硫黄分でシルバーリングが徐々に変色することもあるので、汗をたくさんかいたときはいったん指輪を外して水洗いし、水分を拭き取ることをお勧めします。

長期間使わないときは、チャック袋などに入れて空気を遮断することで硫化を防げるので変色しにくくなりますよ。

 

指輪を出来るだけ長く綺麗にお使いいただけるよう、大事にしてあげてくださいね(*^-^*)