結婚指輪・婚約指輪の手作り体験 | ついぶ名古屋工房

TEL 052-508-7556
ご予約
ご予約

ブログ BLOG

指輪をはめる指には、意味がある。

本格的に梅雨になり、雨の日が続いていますね。

最近のように湿度の高い日や、まもなくやってくる夏は、指のむくみが出やすい時期。

冬に作った指輪がもしきつくて苦しいくらいになってしまったら、サイズ直しも可能ですのでお気軽にご相談ください。

ちょっときついかな?という程度なら、冬に備えてそのままのサイズでいくのがおススメです(*^-^*)

(※むくみには個人差があり、冬の方がむくみやすい人もいらっしゃいます。)

 

さて今回は、むくみではありませんが指に関する話題です。

 

指輪をはめる指には、意味がある。

 

指輪をはめる指…といえば写真のように左手の薬指が有名です。

結婚指輪や婚約指輪など、婚姻の誓いを立てる指輪をはめるのが定番。

しかしあまり知られてはいませんが、実はそれ以外の9本の指にもそれぞれ意味が存在するのです!

 

当店にご結婚指輪を作りに来られるお客様はほとんどのかたが左手薬指を選ばれますが、ペアリングなどのシルバーリングを作られるお客様は、みんな自由に様々な指を選ばれます。

「恋人同士なら、どの指に指輪をはめるのが正しいの?」

「結婚してなくても、左手薬指に指輪をはめてもいいの?」

「人生のチャンスをつかみたいけど、ちょうどいい指ってありますか?」

指の意味を知っておけば、こんな疑問の答えが見つかりますよ~(^_-)-☆

 

 

10本の指それぞれに秘められた意味

 

親指(サムリング)

親指の指輪は、強い意志の象徴。

古代ローマ時代では、親指にリングをはめるとなんでも望みが叶うと信じられていました。

選ばれるお客様は少数派ですが、オシャレ上級者のかたに人気が高い印象です。

 

右手…困難に打ち勝つ、強い心を持ちたい、行動力を持続させる

左手…目標を実現させたい、夢をかなえたい、愛を貫く

 

 

人差し指(インデックスリング)

人差し指の指輪は、自立や目標に向かう象徴。

自分に自信を持ちたい人やリーダーシップを発揮したい人におすすめです。

すでに薬指に指輪をはめているかたでも指輪同士がぶつからないので、2本目以降にも是非どうぞ。

 

右手…人を導く、集中力や行動力が高まる、リーダーシップが身につく

左手…積極性を引き出す、精神力を高める、人生の方向を指し示す

 

 

中指(ミドルフィンガーリング)

中指の指輪は、直感やひらめきの象徴。

お仕事を頑張るかた、クリエイティブな活動をされるかたなどには特におすすめです。

どんなデザインでも着けやすく、ファッションリングを着けるのにも人気の高い指です。

 

右手…行動力を高める、邪気を払う、パワーを呼び込む

左手…良い人間関係を築く、周りの状況を察知する能力を高める、直観力を高める

 

 

薬指(アニバーサリーリング)

薬指の指輪は、創造の象徴。

遥か昔、左手の薬指は血管が直接心臓に繋がっていると思われていました。

命に一番近い指として特別な意味を与えられた左手薬指は、誓いや契約の指輪に古くから用いられ、現在の婚約指輪や結婚指輪の歴史に繋がります。

 

右手…本来の自分らしさを出したい、安心感が得られる、心がリラックスする

左手…愛を深める、絆を深める、願いをかなえる

 

 

小指(ピンキーリング)

小指の指輪は、チャンスと秘密の象徴。

チャンスを呼び込むとされ、お守りとして身に着けるかたも多いです。

お友達同士でご来店されるお客様に一番人気!ちょっとしたプレゼントにもおススメです。

 

右手…自分の魅力を発揮する、一途な思いを貫く、幸せを逃さない

左手…恋を引き寄せる、愛情を深める、現状を変える

 

 

 

恋人同士のリングにふさわしい指はどれ?

 

当店に来られる未婚のカップルさんに一番人気の指は、ダントツで右手の薬指です。

「左手薬指は結婚指輪のためにとっておいて、恋人の間は右手薬指にペアリングをはめる」

という考えがいつの間にか大きく広まり、今や

右手薬指に指輪をはめている=恋人がいることの象徴

と思う人も多くなってきました。

 

ですがこれは、あくまでそうする人が多数派なだけで、決して

ペアリング=右手薬指

決まっているわけではありませんのでお間違いなく。

ペアリングは10本の指のうちのどの指に着けても、二人でそれぞれ違う指に着けても、たとえ左手薬指であっても、間違いではないのです。

 

結婚していない恋人同士でも、左手薬指に指輪をはめるかたは多くいらっしゃいます。

実際右利きの方にとって、左手薬指は指輪をはめるのに一番邪魔にならない指だと思います。

手や指を多く使うお仕事の方々ならなおさら。(われわれ指輪職人もそうです(^^;))

ただし、周囲から「すでに結婚している人」と思い込まれる可能性は高いので、そこは自己責任でお願い致します。

 

 

 

指輪を着ける指を決める理由は、人それぞれです。

カップルだから薬指に着ける人、意味を調べて自分の願いに合った指に着ける人、左利きだから邪魔にならない右手に着ける人、すでに持っている指輪との相性で決める人。

お相手と相談したり自分で考えたり、色んな指に指輪を試着してみたりして、貴方が一番しっくりくる指を自由に選んでくださいね(^^)/