結婚指輪・婚約指輪の手作り体験 | ついぶ名古屋工房

TEL 052-508-7556

ブログ BLOG

婚約指輪(エンゲージリング)って必要ですか?

「婚約指輪は必要ですか?」

よくこのご質問を頂きます。確かに男性からすればかなり高価な贈り物です。

ティファニーやブルガリ・有名百貨店などでは平均価格30万円ほどします。(当店では約15万円~制作が可能です)

 

そもそも「婚約」とはなんでしょう?

それは「結婚」を約束することです。結婚とはこの社会、この時代において、家族という最も固く結ばれたひとつの単位となる決意をする事。

つまり「婚約」とは「決意表明」なのです。

今までお付き合いしてきた彼女への。その彼女を大切に育ててきたご両親への。その彼女を見守り、時には助言してくれた友人たちへの。

「僕は彼女と家族になることを約束します。」という意思表示。それが「婚約」です。

そして、その婚約の代表である記念品が「婚約指輪」なのです。

 

女性は決して高価な指輪が欲しいのではありません。「君と家族になる決意をしました」と表して欲しいのです。

だからその証の婚約指輪を贈られると、女性は大変嬉しいのです。

 

結婚するカップルのおよそ70%が婚約の記念品を贈っています。

そしてその内の約90%が婚約指輪を選んでいます。

 

婚約指輪は結納の品に含まれることもあり、お相手のご両親がキチンとしたお家の場合は贈っておいた方が今後のお付き合いもしやすいかと思います。

若い時には高額に感じますが、彼女のご両親との今後何十年のお付き合いを考えればそれほど高額ではないかもしれません。

婚約指輪はいつ使うの?

婚約指輪は、基本的に結婚指輪を嵌めるまでの婚約期間中、毎日嵌めるものですが、

最近では生活習慣や職場環境などの理由で、華やかな指輪を付けにくいことも多々あります。

又、結婚後 約半数の方が、つけるのはもったいないという理由でタンスにしまっている状態です。

 

ですが、残りの半数の方は毎日使っていたり、結婚式などのイベントの時に使っているようです。

 

年齢を重ねるごとに改まった場所に出向く機会は多くなってきます。

場に相応しいジュエリーは、女性にとって洋服と共に必要なものです。

いざその時に買おう! となっても、お子さんがいればなかなか自分用の高価なジュエリーを買うのは気がひけちゃいますよね  (^^;)

今はつけることもないから   いらない   と思っていても、いつか必要な時がくるので、貰えるなら貰っておいた方が将来的に安心ですよ。